« 体験スクール@ポテ山第1回無事終了 | トップページ | 7月7日(七夕)に子育て・教育講演会 »

5月から土曜日開校します

4月19日、26日の体験スクールも無事終了しました!参加メンバーはそれぞれ2名ずつ。カンゾウを積んだり、たきぎをあつめ薪ストーブで焼き芋を焼いたり、ポテ山ならではの楽しみもありました。そして、何と、林の中には新たにターザンロープとすべり台が完成、そして卓球小屋も建築中です(写真は後日)!!3年前に研修で行った兵庫県市川町のデモクラティックスクールまっくろくろすけでも、敷地内の古い蔵の中に卓球台があって、子どもたちと卓球をやったことを思い出しました。

さて、4月の試行期間を経て検討した結果、5月からは土曜日に開校することにしました。教育の選択肢を作りたいという思いは変わりませんが、それを実現するためのプロセスの一つとして、「こんな学校があったらいいな」という具体的なイメージが体験的に伝わるような機会を作りたいと考えました。また、平日は普通の学校へ行ってるけど、土曜日にやるなら行ってみたい、という声を何人かの方から聞いていたこともあります。

もう一つは、「デモクラティックスクール」という名称を当面外すことを考えています。もちろん、理念や基本的な方向性は変わりません。ただ、実態として、スタッフやメンバー、保護者の理解や実質的な中味はこれから、という状況であること、そして、私自身、そういう状況の中で「デモクラティックスクール」という名称を使うことに多少なりともストレスを感じていました。

今考えているのは、人として生きていく上での普遍的な原則(例えば、自由意思と自己責任、基本的人権、平和的な問題解決など)につながるデモクラティックスクールの理念を、平易なことばで表現し、それを柱とした運営を行いつつ、スタッフを中心とした勉強会で継続的に学んでいくこと。一定期間を経て、「こんな学校があったらいいな」が「こんな学校を作ろう」という合意ができたとき、「デモクラティックスクール」にするか否かの判断をすればよい、と思っています。

さらに、子どもたちだけでなく、大人もまたありのままの自分でいられる、本当に自分がやりたいと思って生まれてきた「天職」を実現できる場所になったらいいな、という思いが湧いています。これは、もともと、スクール作りの先に描いていた夢でもあり、大人たちが働いたり何かに取り組んでいる傍らで、子どもたちが遊び、あるいは大人たちの仕事を見たり手伝ったりしながら、共に暮らす、共に育つ、共に生きる。。。そんなコミュニティを現実にできたらと思っています。

はじめは、保護者の手しごとサークルや畑サークル、薪割クラブといった活動でもよいと思います。とにかく、(デモクラティックスクール自体が既に型破りなものですが)“デモクラティックスクールはかくあるもの”という私の中で勝手に作り上げた固定観念や妄想すら全て手放し、もう一度ゼロからのつもりでやってみよう、と思っています。

・・・というわけで、このブログもいずれタイトルを変えなければならないようです。

土曜開校初日は、5月12日(土)10~15時@ポテ山です。

参加申込・問合せは nobukotaka☆nifty.com まで(☆を@に変えて送信してください。)

« 体験スクール@ポテ山第1回無事終了 | トップページ | 7月7日(七夕)に子育て・教育講演会 »

プレオープン」カテゴリの記事