« 設立趣意書(その1) | トップページ | 20日の準備会は中止します »

設立趣意書(その2)

デモクラティックスクール翼の特徴

一人ひとりが自分の学びの主人公です:カリキュラムやテスト、成績表はありません

子どもたちはスクールでの時間をそれぞれ自由に過ごします。他人の自由やみんなで決めたルールを守りながら、その瞬間、一番やりたいこと、好きなことに取り組むことができます。一見、遊びやただのおしゃべりにしか見えないようなことにも、学びの全てが含まれています。他者との競争も、他者からの評価も、ここには存在しません。自分の内なる声を聴き、「今ここ」の自分を生きる。自分の行動を自分で決め、その過程と結果にも自分が責任を持つ。その積み重ねが、やがて自分の人生を自分でデザインすること、自分の人生に責任を持つことにつながってゆきます。

さまざまな年齢の子どもたちが一緒に過ごします:学年やクラスはありません

スクールでは多様な年齢の子どもたちが一緒に過ごす中で、お互いに影響しあいながら成長していきます。何かを教えあったり、助けあうこともあれば、異なる価値観との葛藤を経験することもあるでしょう。大人であるスタッフも含め、多様な人間関係、多様な考え方に触れる。それは、他者とのコミュニケーションの方法を学んだり、自分自身を知ることにもつながってゆきます。

スクールの運営に全員が参加します

スクールでの生活のルールや、予算、スタッフの選任など、すべてのことを、子どももスタッフも対等な一票を持ったミーティングで決めていきます。参加するか、しないかはそれぞれの自由ですが、どんな問題も、開かれた話し合いの場で解決し、誰かが一方的に決定を押し付けることはありません。それは、お互いを尊重しながら話し合いによって平和的に問題を解決する経験と同時に、自分の存在に価値があるという自尊心、自分の言動に対する自信と責任を育むことにもつながります。

スタッフがいます

スクールには、スタッフと呼ばれる大人がいます。スタッフは、子どもと対等なコミュニティの一員として一緒に過ごします。そして、子どもが望んだ時に、望んだことだけを、教えたり手伝ったりします。頼まれないのに、一方的に教えたり、働きかけたりすることはありません。また、スクールの運営に必要な雑務を行うのもスタッフの役割です。

保護者・家庭との協力

スクールの総会には保護者も参加し、子ども・スタッフと共に、スクールの運営に責任を持ちます。また、私たちは、子どもの成長・教育の基盤は家庭にあると考えます。まず家庭において、子どもへの信頼、子どもの自由な学びの尊重、子どもと親が互いに尊重しあう人間関係を築く、という理念が理解され実践されることが大切です。その上で、子どもが家庭を離れて、多様な人との関わりの中で学んだり、民主的なコミュニティを経験する場として、スクールの役割が十分に発揮されることになります。

デモクラティックスクールは、1968年に設立されたアメリカ・マサチューセッツ州ボストン郊外にあるサドベリー・バレー・スクールをモデルとしています。そのユニークな教育実践に賛同する人々により、全米そして全世界にサドベリーモデルの学校がつくられてきました。日本でも1997年に最初のスクールが開校し、現在では準備中のものも含めると10校あまりが活動しています(http://democratic-school.net/)。

« 設立趣意書(その1) | トップページ | 20日の準備会は中止します »

スクール設立」カテゴリの記事